カウンセラーに求められる話し方とは

カウンセラーに求められる話し方とは

何かとストレスを溜めやすい日本社会で、近年ストレスとしっかり向き合いながら精神的な病気にならないようにケアすることが重要となってきました。そんな中大きな役割を担うカウンセラーに求められる話し方に関して記載していきます。

相手が話しやすいような話し方が重要

カウンセリングに訪れる方の多くは、仕事や家庭や人間関係など様々なことが原因して問題を抱えている方です。そんな方だからこそ、まず重要なことは相手が話しやすいような話し方をすることが重要となります。というのも、カウンセラーの表情や口調が厳しいようでは、相手は中々本心を語ろうとはしません。だからこそ、まずは相手がリラックスして望める環境を作りだすことが重要です。そのためにも、リラックスすることが出来るような室内の雰囲気にすることも重要ですが、それ以上にカウンセラーは話し方に注意することが重要なポイントとなります。

アクセントや言葉の使い方が重要となる

日本語にはアクセントは比較的簡単だと考えている方が多いですが、日本語のアクセントは非常に難しいです。というのも、アクセントを間違えるだけで相手に対して嫌な感情を与える可能性があります。そんな事態を避けるためにも、カウンセラーは日々の話し方等に気を付けましょう。またアクセント以外にも、なるべく高い声を出さないようにすることも重要です。アクセントと似てくる部分はありますが、高い声は相手に対して悪い印象を与えてしまう可能性があります。その結果、話したいことも話せずにカウンセリングが進む可能性があるため注意しましょう。

表情作りもカウンセリングの上で重要

話し方以外にも顔の表情には十分しましょう。先ほど記載しましたが、表情一つで相手に対して嫌な感情を与える危険があります。そのため、笑顔は必要ありませんが、相手に対して安心感を与えることが出来るような表情を作り出すことが出来るように、普段から表情には細心の注意を払いましょう。カウンセラーにとって重要なことは、相手の口を開かせることです。だからこそ、相手がリラックスして安心して話すことが出来る環境を作りだすためにも、日々しっかりと話し方や表情のトレーニングを行い、専門職としての技術を磨き上げていきましょう。

まとめ

ストレスが溜まりやすい日本社会で、自分らしく生き抜いていくためにもカウンセリングを上手に活用することが重要です。そんなカウンセリングを受けるカウンセラーは相手が話しやすいよう、話し方や表情に気を付けることが重要です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

通信講座を利用してカウンセラーになるための資格を取得しよう
カウンセラーの資格を独学で取る方法
カウンセラーの資格の難易度は受験までが大変
カウンセラー資格を取得できる年齢制限
カウンセラーは感情を把握することが大切
クライアントとカウンセラーはどのような関係性を作るべきか
悩み相談のカウンセラーの資格の取り方では通信やスクールがあります
燃え尽き症候群回避のためにカウンセラーができること
カウンセラーになるには資格の取得をする
カウンセラーに求められるテクニック
カウンセラーとセラピストとの違いを知る
患者の心を理解するカウンセラーの資質とは
心理学を学習するための手段について
フリーランスのカウンセラーとして働く
カウンセラーの資格の内容とは?
カウンセラーによってセッションの時間はさまざま
カウンセラーの資格を取得するにはセミナーの利用を
カウンセラーの資格取得で信用は増します
カウンセラー資格を最短で取得するには
精神的なケアができるカウンセラーの資格は人気があります
カウンセラーの資格を取得する主婦達
心の開放ができる心理カウンセリングで前向きな効果を期待
心理カウンセリング技術を極めるために
心理カウンセリングで悩みを解決
心理カウンセラーとしてカウンセリング室を開業する
人気の副業で注目される心理カウンセラー
心理学の基礎は本や大学の授業などで学ぶ