フリーランスのカウンセラーとして働く

フリーランスのカウンセラーとして働く

近年自由な働き方も求める若い方が増えてきました。それは一般的な職業に従事している方だけでなく、専門職の方に関しても同じです。そこで今回は、そんな専門職の中でも今最も必要とされている職種の一つであるカウンセラーに関して記載します。

フリーランスとして働く魅力とは

近年、何かと耳にする機会が多い職業にフリーランスがあります。そんなフリーランスとは、どういった職業なのでしょうか。一般的にはどの企業にも所属せず、自分自身のペースで自分の得意な範囲の仕事を受け付け、仕事をしていく方のことを言います。そのため、仕事をしたくない時はしなくても問題ありませんし、仕事がしたい時は好きなだけ仕事をすることが出来ます。しかしもちろん必ず仕事があるとは限らないので、自己責任の分野も多いリスクある職業ですが、若い世代を中心に仕事と私生活を両立することが出来ると注目を集めています。

専門職の場合は特殊な職業だからこそ

そんなフリーランスですが、専門職の場合は事情が異なります。というのも、専門職の多くは特殊なスキルが必要な場合が多いです。そのため、フリーランスとして活動を始めても比較的簡単に仕事の機会を受取ることが出来ます。特に、カウンセラーの場合は近年様々な方がストレスを抱えており、精神的な面で悩んでいます。そのため、カウンセラーのフリーランスとして活躍する場合は活躍をすることが出来る機会が非常に多くあるのが魅力です。また自分自身で仕事量を調整することが出来るため、自分のペースでカウンセラーとして活躍することが出来る点も魅力です。

人を選ぶことが出来る点も魅力と言える

更に、フリーランスのカウンセラーとして働く場合、人を選ぶことが出来ます。例えば特に重い状態に置かれている方の力になりたいと考えている方は、重い症状や問題等で悩んでいる方だけを受け入れることが出来ます。そのため、今持っている専門的な技術を使って少しでも人を助けたいと考えている専門職の方に注目を集めています。どこかの企業等に所属している場合、その企業に関係する方の力にしかなることが出来ません。しかし、フリーランスとなることで自分のペースで自分の力になりたい方を好きなだけ助けることが出来るようになります。

まとめ

カウンセラーとして少しでも多くの方の力になりたい、ご自身の持つ可能性をもっともっと試してみたい、そんな考えをお持ちの方は、フリーランスとして活躍してみましょう。今まで以上に専門職としての力が試されるチャンスです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

通信講座を利用してカウンセラーになるための資格を取得しよう
カウンセラーの資格を独学で取る方法
カウンセラーの資格の難易度は受験までが大変
カウンセラー資格を取得できる年齢制限
カウンセラーは感情を把握することが大切
クライアントとカウンセラーはどのような関係性を作るべきか
悩み相談のカウンセラーの資格の取り方では通信やスクールがあります
燃え尽き症候群回避のためにカウンセラーができること
カウンセラーになるには資格の取得をする
カウンセラーに求められるテクニック
カウンセラーに求められる話し方とは
カウンセラーとセラピストとの違いを知る
患者の心を理解するカウンセラーの資質とは
心理学を学習するための手段について
カウンセラーの資格の内容とは?
カウンセラーによってセッションの時間はさまざま
カウンセラーの資格を取得するにはセミナーの利用を
カウンセラーの資格取得で信用は増します
カウンセラー資格を最短で取得するには
精神的なケアができるカウンセラーの資格は人気があります
カウンセラーの資格を取得する主婦達
心の開放ができる心理カウンセリングで前向きな効果を期待
心理カウンセリング技術を極めるために
心理カウンセリングで悩みを解決
心理カウンセラーとしてカウンセリング室を開業する
人気の副業で注目される心理カウンセラー
心理学の基礎は本や大学の授業などで学ぶ