燃え尽き症候群回避のためにカウンセラーができること

燃え尽き症候群回避のためにカウンセラーができること

何かに一生懸命に取り組んできたときほど、終わったときに脱力感を感じ、何も手に付かない状態になることがあります。これを燃え尽き症候群と呼んでいますが、非常に多くの人が陥りやすいという特徴があります。とはいえ、回避するに越したことはないので、カウンセラーの力が必要です。

まじめさがその後の反動になるのが特徴

何事にもまじめに取り組み、さらにまじめなだけでなく一生懸命やる性分の人は、燃え尽き症候群に陥るリスクが高いと言えるでしょう。それこそ全身全霊で取り組んできたために、やっている最中は無我夢中で疲れも感じずに取り組めますが、終わった途端に何もすることがなくなるため、この先、何をやればいいかがわからなくなってしまいます。これがまさに燃え尽き症候群であり、生活に支障をきたすこともしばしばです。仕事をしている人はもちろんですが、家庭にいる主婦にも当てはまり、どんな人でもなってしまう可能性があるといっていいでしょう。

燃え尽き症候群を回避するために必要なこと

一生懸命何かに取り組んだ場合には、それが終わったあとは達成感だけが残ってくれるのが理想的です。けれど、もし終わったあとに燃え尽き症候群が待っていたとしたら、陥る前に回避するのは至難の業です。終わった瞬間に知らず知らずのうちに訪れてしまいますので、回避しようがないともいえます。そのため、燃え尽き症候群に関していうなら、回避は無理と割り切って考え、重症化や長期化を避けるにはどうするべきかを考えることが大事です。その相談に最適な人物がカウンセラーです。心理カウンセラーなら、何を話しても他者に漏れる心配がないからです。

燃え尽き症候群からの脱出のカギを握る人物

心理カウンセラーが燃え尽き症候群からの脱出のカギを握ると考えられるのは、回避するのがむずかしいということをよく知っており、そもそも回避することを目的に話をしないというところにあります。燃え尽き症候群に陥る人というのは、生真面目でがんばりやさんが多いので、カウンセラーは陥ってしまったことを否定しません。むしろ、それだけ頑張ったからこそ回避できなかったのだと言うでしょう。これではダメだから何とかしなくてはと焦っている人にとっては、頑張ったからこその結果だと認めてもらうことは、何よりの特効薬となります。

まとめ

燃え尽き症候群に陥ってしまい、その後何もできなくなってしまうと、世間の目は冷たくなります。そんな時に心理カウンセラーによる回避は不可避と認めてもらうことは、随分と気持ちが楽になり、再び前を向けることになるでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

通信講座を利用してカウンセラーになるための資格を取得しよう
カウンセラーの資格を独学で取る方法
カウンセラーの資格の難易度は受験までが大変
カウンセラー資格を取得できる年齢制限
カウンセラーは感情を把握することが大切
クライアントとカウンセラーはどのような関係性を作るべきか
悩み相談のカウンセラーの資格の取り方では通信やスクールがあります
カウンセラーになるには資格の取得をする
カウンセラーに求められるテクニック
カウンセラーに求められる話し方とは
カウンセラーとセラピストとの違いを知る
患者の心を理解するカウンセラーの資質とは
心理学を学習するための手段について
フリーランスのカウンセラーとして働く
カウンセラーの資格の内容とは?
カウンセラーによってセッションの時間はさまざま
カウンセラーの資格を取得するにはセミナーの利用を
カウンセラーの資格取得で信用は増します
カウンセラー資格を最短で取得するには
精神的なケアができるカウンセラーの資格は人気があります
カウンセラーの資格を取得する主婦達
心の開放ができる心理カウンセリングで前向きな効果を期待
心理カウンセリング技術を極めるために
心理カウンセリングで悩みを解決
心理カウンセラーとしてカウンセリング室を開業する
人気の副業で注目される心理カウンセラー
心理学の基礎は本や大学の授業などで学ぶ